またたびとは

またたびは山で採取されるマタタビ科の一種で
主にアジアで自生している植物です。
一方、「キャットニップ」はハーブの一種です。
 

またたびの種類

またたびには、2種類あるのをご存知でしたか!?

 

「どんぐり」の形をしたものと、「かぼちゃ」のような形をしたものがあります。


木天蓼(またたび)
 

またたびの実の中でも、猫ちゃんが喜ぶ成分を多く含むと言われている特別な実を
【木天蓼】(もくてんりょう)といいます。

 

またたびの花の開花前に
マタタビノアブラムシという昆虫が花の子房に産卵することで
上の画像のように虫こぶのようなかぼちゃ型になります。
「虫えい果」という名前もついています。
これは、人間の漢方薬にも利用されています!

 

木天蓼って、猫ちゃんにも人間にも利用されているんですね!

 

にゃごみ処で使用しているまたたび

にゃごみ処でも、もちろんこの木天蓼(またたび)を使っています。
 

暑い夏に、愛媛県で手摘みされ
状態のよい木天蓼を選別後、数回煮沸消毒され
数か月かけて乾燥。もちろん、すべて手作業です!!

 

この工程を得た良質な木天蓼(またたび)のみを、にゃごみ処に提供していただいてます。

 

一般的に、またたびの枝・葉・実すべての部分が
猫のおもちゃに使われますが、
にゃごみ処では猫ちゃんが反応する成分が多いと言われている
実の部分のみを使用しています。

 

猫ちゃんへの反応をよくするために
実を砕いたものとパウダー状にした2種類を使って
おもちゃ全体に、またたびがいきわたるように入れています。

 

猫ちゃんの反応

 

またたびは、キャットニップのように
猫ちゃんが酔っぱらったり、カミカミ、スリスリといった反応をします。

中には、激しく連続キックをする猫ちゃんもいるので
「猫キッカー」「けりぐるみ」という名前で、使われるようになりました。

 

またたび猫キッカー みゅ〜ケリケリ
激しくケリケリして変顔になった看板猫のみゅ〜くん。

 

スリスリ、カミカミ、キックキックする猫ちゃん達の反応も、
最初の数分から10分ほどで落ち着くでしょう。
こんなふうに↓↓(笑)
またたび猫キッカー みゅ〜
すっかり酔いから覚めて、カメラ目線のみゅ〜くん。



 

反応時間の長さは、猫ちゃんによっても違います。
さっきまで、激しく反応しているかと思ったら、
いきなり何事もなかったように戻るので本当に不思議です。

 

「猫にまたたび」と言われるほど
またたびが好きな猫ちゃんは多いですが、
まれに、反応しなかったり、アレルギーを持っている猫ちゃんもいますので、注意が必要です。

 

またたびに猫ちゃんがあまり反応しなかったら
無理にあげずに他のおもちゃで遊んであげてくださいね。

 

にゃごみ処の猫キッカーは、海外へ

 

今では日本国内に限らず、
2015年8月から海外への販売を開始いたしました。

 

Japanese Cat Toy として試してくださる海外の猫好きさんも増えてきて
今では、海外の猫ちゃんにも遊んでもらっています。

 

またたびは英語で 「Silvevine(シルバーバイン)」と言われています。
(ちなみに、またたびの正式名称は「Actinidia polygama」といいます。)

 

キャットニップの知名度に比べると、
アジアの植物であるシルバーバイン(またたび)は知らない方もいらっしゃって、
海外展開を始める際はその説明から必要でしたが
今ではリピーターのオーナー様も増えてきて、嬉しい限りです。



さてさて、にゃごみ処で使っているまたたびのお話しはいかがでしたでしょうか!?


この機会にぜひ木天蓼(またたび)のおもちゃを試してくださいね!


 

にゃごみ処猫キッカーのラインナップはこちらをクリック! 猫キッカーカテゴリー一覧へ